Seigo-System LLC.
- 合同会社セイゴーシステム -
柔軟な対応と低コストで安全なシステム開発。業務用クラウドは弊社にお任せ下さい!
情報技術
2018-10-23

訂正版:慶応大生が証明したとある三角形の定理

ブログ読者M氏からの指摘

「相似な図形を探すということだったが、出だしのヘロンの公式の中身、計算ミスってない?」というもの。その通り、ミスってました。

見つかった三角形をおさらい

こんな感じの三角形だ

基本的な確認作業

見つかった三角形の周の長さと面積を確認すると、いずれもL=864、S=23760になる。

相似な図形なら周も面積も常に等しいのか

前回はここの面積計算で使うヘロンの公式の s = a+b+c /2 の定数部分をミスってしまった。
実際、どちらの三角形も、L=864x、S=23760x2 となり、相似な三角形が無限に存在することが分かった。

じゃぁやっぱり、この辺の比の三角形しかないのか

訂正前のブログと同じく、プログラム書いて検索するしかないが、定理が照明されてしまったので、見つかることはない・・・